英語学習

【断言】20代の社会人に全力で語学留学をオススメする

こんにちは!佐藤(@t_sato0910)です。

20代の社会人でこの記事を読んでいる方は、以下のような悩みを抱えている人だと思います。

語学留学を検討中の20代社会人の悩み

  • 学生時代、英語をサボったことを死ぬほど後悔している
  • 英語が出来ず、残りの50年を生きていくのは辛すぎ
  • 今の生活が忙しすぎて、英語を勉強する時間が確保できない
  • とはいえ、ただの語学留学だと将来のキャリアに不安がある


結論、20代の社会人でも、語学留学に行けば上記の悩みは全て解決できます。

僕は20代で日本の会社を辞めて、イギリスのロンドンに来ましたが、控えめに言って人生が劇変しました。

今回の記事では、僕の経験談を交えながら、20代の社会人語学留学についてまとめていきます。

20代の社会人で語学留学を検討されている方は、参考にしてみてください。

 

20代の社会人語学留学をオススメする理由


以下、実際に20代で社会人語学留学をした僕の、オススメする理由です。

英語は1年で誰でもある程度は理解できる

肌感覚ですが、1年ぐらいしっかりと勉強に取り組めば、誰でもある程度は英語を習得できます。

【断言】海外に1年ただ住むだけでも英語は伸びる こういった悩みや疑問がある方向け 英語力向上のために海外に住んでみたい 住むだけでどれぐらい、英語力は上がるのか 日本でも英語は学...


僕は就労ビザで渡英したため、事情は少し変わりますが。

おそらく1年間ガッツリ英語の習得にコミットすれば、かなりの成果があったと思います。

英語が理解できると、人生の選択肢が圧倒的に広がる

グローバル社会と言われる現代は、ITが普及しますます加速しています。

企業レベルではもちろんですが、個人レベルでも、英語ができないと情弱になってしまう世の中です。

基本的に全ての情報は英語のものが最新で、日本に日本語で入ってくるのはその後です。

つまり、英語が多少できるだけで最先端の情報を入手できます

まだまだ日本では英語での情報取集は当たり前ではないので、この時点で大きく周りにリードできます。

英語と日本語の情報ギャップの差に気づくことで、それをビジネスに直結させることだって可能です。

情報化社会と言われる中で、このちょっとの差の積み重ねが、人生の豊かさを大きく変えていきます。

20代の社会人なら全然遅くない

語学留学に行くのなら、早ければ早い方がいいです。

逆に30,40代になってしまうと、家族ができたり、仕事で役職がついてしまったなど、留学に行きにくくなる要因が増えてきます。

独身で自分のお金をある程度自由に使うことができるのが、20代の強みです。

また、語学の習得も若ければ若いほど、効率的にできると思います。


実際に20代の社会人語学留学をしてみて


ここでは、僕が実際に社会人の語学留学を20代で経験した感想です。

ちなみに僕の当時のスペックは、こんな感じです。

  • 英語力は旅行で困らない程度
  • 日系大手の営業職として3年勤務
  • 語学学校の期間は3ヶ月ほど


僕の場合、語学留学かイギリスのYMSビザで悩んでいたところ、たまたまYMSビザが当選した。

そのため、2年間の短期就労を目的として渡英したこともあり、仕事が決まってから語学学校はストップしました。

語学習得の成果について

成果については、上にも記事を載せましたが、かなりあったと思っています。

ぶっちゃけ普通に勉強すれば、1年すると誰でもそれなりのレベルに到達できます。

語学留学をするかどうか、迷っている時間が無駄だと感じました。

気になったところ

個人的に、社会人コースや25歳以上コースを選択した方がいいと思います。

僕はそこを後悔しています。

普通の制限を設けていない学校だと、大半は学生の20歳前後または欧米の高校生です。

ハイスペックな学生から刺激を受け、自分の雑魚さを痛感できるというメリットもありますが、常に歳下のグループで過ごすのは、個人的にキツかったです。

社会人限定のコースであれば、周りも自分と同じ志の人も多いので、より深い関係を気付けると思います。

スクールウィズ さんでは、25歳以上の学校をカテゴライズしています。


無料のWEB相談も実施しているので、よろしければ覗いてみてください。

 

20代の社会人語学留学のデメリットについて


僕は全て無視して、結果的に大正解だったのですが、気になりそうなデメリットもピックアップしておきます。

日本でのキャリアがストップする

基本的には、日本で退職して留学をすることになるので、日本でのキャリアはストップしてしまいます。

これを履歴書に穴が空くと考える人もいるかもですが、個人的には全く気にしなくてもいいと思います。

語学留学後に、日本の社会に復帰している人なんてたくさんいます。

というより、1年ぐらい勉強して英語を身につけた方が、普通に市場価値が高くなると思います。

今の仕事を1年間ただ続けた自分と、1年間しっかり海外で暮らして、英語を理解できるようになった自分を比べてみてください。

僕は英語を理解できるようになった自分を、真剣に目指したいと思いました。

そして結果的に、今の自分のことが昔の自分よりも好きです。

お金がかかる

もちろん国や期間にもよりますが、語学留学は授業料と生活を含め、数十万円から数百万円はかかってしまいます。

しかし、社会人の方は1年ぐらい本気で貯金して、足りない分は親戚に頭下げて借りれば、どうにでもなると思っています。

親戚がダメなら、金融機関だって最悪あります。

借金になるかもしれませんが、たかが月数万円返済を数年間続けるだけで、一生分の経験ができます。

そう考えると、むしろ安いぐらいです。

周囲からの視線

語学留学は学生のうちにする人が多いので、中には懐疑的な目でみてくる人もたくさんいます。

解決策はただひとつ、無視です。

社会人の語学留学を経験していない人からのアドバイスは、何の参考にもなりません。

強い意志を持ってフルシカトしてください。

どうしても不安な人は、経験者からのアドバイスのみ参考にしましょう。

ただ、最終的に決めるのは自分の判断と責任です。

人の意見を参考にしすぎるのもよくないと思います。

 

20代の社会人語学留学の前にするべきこと


ここまで読んでいただいた方は、社会人の語学留学に対して前向きな気持ちとなったと思います。

そのため、経験者として事前にしておくべきことをアドバイスしておきます。

中学レベルの英文法と英単語の復習

中学英語の文法は単語は一通り復習しましょう。

この最低限の知識があるだけで、語学留学のスタートダッシュがキマります。

個人的に、文法は会話でそこまで重視されないので、まずは英単語を重視するべきと思います。

以下のテキストが、いろいろ使いましたがオススメです。

英文法:総合英語evergreen

evergreenの参考書は使いやすいです。

こちら、Amazonで何度も参考書ランキング1位に輝いたForestの進化版です。

基礎から応用まで幅広くカバーしているので、文法の辞書のような使い方ができて便利です。

個人的に、わからない部分があれば、その範囲に絞って勉強する使い方をしています。


あれこれ手を出さず、これ一つあれば十分なので、文法を軽く復習したい人にもオススメです。

英単語:DUO 3.0

単語力は個人的に、文法よりも大事です。

単語の意味がわかれば文法がわからなくても、会話や文の意味が理解できるので、まずはこっちを重視するべきです。

いろいろ使いましたが、最終的にDUO3.0がオススメです。

これ、マジで使いやすいです。単語帳を最後まで読みきったことのない僕が断言します。

DUO 3.0のいいところ

  • 全ての単語に例文付き
  • 同義語や関連語も並行して学べる
  • カタカナ発音付き

個人的には、カタカナで発音が書いてあるのがありがたいです。

僕の場合、発音がわからずに単語が入ってこないということも多かったので、理解を深めるのに非常に役立っています。

こちらもKindleに入れてしまえば、どこでもスマートに勉強ができます。

Kindle Paperwhite
created by Rinker

オンライン英会話で実践経験を積む

現地に行く前になれる意味も込めて、オンライン英会話を使い倒すことをオススメします。

個人的に渡英前、もっと使っておけばよかったと後悔しています。

ケチるところではないと思うので、ゴリゴリに使ってください。


以下の2つのどちらかがオススメです。

どちらも無料体験期間を設けているので、試してみて好きな方と契約してみてください。

個人的には、予約なし無制限で使える、NativeCampがオススメです。

NativeCamp

月6,000円台で無制限に使用できるのが強みです。

コスパを考えると一番いいのはネイティブキャンプの一択です。

とにかく数をこなしたい人にオススメ。

DMM英会話

DMM英会話はネイティブ講師のレッスンが25分約500円~と業界最安値でできるのが強みです。

ネイティブに拘りたい人は、こちらがオススメ。

また、教材数が業界No.1で、有料の単語アプリを無料で使えるなどの特典もあります

その他

重複する部分がありますが、以下の記事でもまとめています。

海外移住・留学前にやるべきこと こんにちは!佐藤(@t_sato0910)です。 今回の記事では、ロンドン在住1年を経過した僕が、実際に海外に来る前にしておくべきだと...


興味のある方は、是非ご参考にしてください。


20代の社会人には、全力で語学留学をオススメする


僕がそうだったのですが、社会人になり環境が変わり、英語をサボってきた人生を死ぬほど後悔しました。

きっとこの記事を読んでいる20代の社会人の方も、僕と同じような人が多いと思います。

旅行で海外に興味を持ったり、周りの優秀な人と比較して劣等感を持ったり、昇格に英語が必要だったり。

理由はさまざまだと思いますが、英語ができない自分に危機感を持っていると思います。

今の40,50代は、英語が出来なくてもおそらく逃げ切れます。

しかし、残された若手の社会人は正直この先しんどいと思います。

僕らよりもさらに若い世代は、小学校から英語が必修化されています。

すなわち、谷間の世代の自分たちが取り残される可能性もあります。


何度も言いますが、英語は1年ぐらい頑張れば、誰でもそれなりのレベルに到達します。

迷っている暇があったら、さっさと決断してしまうべきです。


現地で勉強することで明らかに効率的に勉強ができますし、何より現地でしか体験できない経験や、つながりもできます。

むしろ、これが最も重要だったりします。


留学の準備方法や体験談を知りたい人は、身の回りの友人や、無料で使えるエージェントに相談してみましょう。

スクールウィズ さんでは、オンラインで無料の面談受け付けています。

まずは、自分の行きたい国や目的、予算などもあると思いますので、経験者やプロに相談してみるのはありです。

というより、迷っている時間がそもそももったいないので、すぐにでも取り掛かるべきというのが、経験者の僕からの意見です。